小さな家の小さな家計

32坪の家で暮らす夫婦と子供4人の生活

【スポンサーリンク】

とにかく忙しい、疲れているワーキングマザー 吉野家風牛丼をつくる

移転しました。

こんにちは、スペースハイクです。


年齢的にいつも疲れています。


疲れている時、造血効果のありそうな肉!

特に牛肉!が無性に食べたくなります。



仕事が忙しいので夕飯何にしようかと考える余裕もなく

仕事終了させ、慌ただしくスーパーに駆け込みます。


肉は食べたいけど、焼肉は後片付けが大変だし、

外食では1万円優に超えるしで無理!

そんな時は、牛丼です。

ふっと、吉野家の牛丼ののぼり旗の風景が脳裏を

かすめます。


誘惑に負けないように考えます。

ここから先は心の声です。


(焼肉するより安いし

油汚れもない。

自分で作れば安い吉野家よりさらに安いし。


肉だけで、6人家族でも、¥1500もあれば

600グラムは買えるし、お腹いっぱいになるなぁ)


と自分に都合よく考えて、購入して、

そうこうするうちに

スーパーから出ると6時頃です。

ちょっとだけスマホ見てたらあっという間に30分

経ってたりします。

家に帰ってコーヒー飲んで一息ついてしまうと

6時30分過ぎます。

(結局休んでばっかり(汗))

そこから猛ダッシュでご飯作ります。



いつもこんな感じで

疲れていて、なおかつ時間がない状況の時

よく作るメニューにどんぶり飯が多い気がします。


昨日は、しらすと納豆のしらす丼だったし。


で、今日は吉野家風牛丼です。

前置きが長くなりましたが、

材料と作り方です。

材料


牛肉こま切れ500グラム以上

玉ねぎ大1個以上(ゴボウでもOK)


A
白ワイン200ml
水100ml

Aを沸騰させ、牛肉を入れて、アクを取ります。

B
砂糖大さじ4〜5
醤油100ml

Bを入れて、薄切りにした玉ねぎをいれ、
5分ほど 煮込めば出来上がりです。

紅生姜をたっぷり。


f:id:ladymogi:20170503025039j:plain

まとめ


今日は、お肉をケチらず買ったので

(半額だったので)

たくさん作れて大満足でした。

子供たちは食べた瞬間

吉野家の牛丼みたい』

といい、褒められたのか微妙〜です。

【スポンサーリンク】