小さな家の小さな家計

32坪の家で暮らす夫婦と子供4人の生活

【スポンサーリンク】

かがく好きな子供達におすすめの本3選

こんにちは、スペースハイクです。



『海辺の宝もの』




初出版は、1965年です。

2012 年に再出版されました。

今から200年前のイギリスの実在の少女、

メアリー・アニングが

1811年にイクチオサウルスという恐竜の化石を

発見するまでを書いたものです。

ちなみに、進化論のチャールズ・ダーウィンが生まれるのが、

1809年です。

お話の舞台になるライム・リージスは

2001年、世界自然遺産

登録された町で、いまも化石採取ができる場所

として人気です。

通称ジェラシックコーストと呼ばれています。

jurassiccoast.org



私もぜひ1度訪れたいとおもっている場所です。


地理的にも、大昔、大陸がくっついていた頃は、

やはり化石の産地である

モロッコや、メガロドンの歯が取れるアメリカの

ブラックリバーなどとも関係があるのかと

考えるとワクワクします 。


Ukge.com


http://blackriverfossils.orgBlack River Fossils Shark Teeth and other Prehistoric Treasures




『フィボナッチ』

ジョセフ・ダグニーズ: 文
渋谷弘子 :訳





中世のイタリア、フィボナッチ数列で有名な

レオナルド・フィボナッチ(1170?—1240?)

という数学者の物語です。


数が好きで、家中の、あらゆるものの数を数え、

外では、木に止まっている12羽の鳥の足は全部

で何本?、目、羽は?

全部の鳥が順番に2秒ずつ鳴くと鳴き終わるのに

どれくらい時間がかかるか?

そんな問題を普段から考えているので、

学校でもぼんやりしているように見えたのでしょう。

小さな頃は、能無しと呼ばれていました。


大きくなってからは、現在私たちが使っている

インド・アラビア数字の優位性に気づき、

勉強の旅に出かけます。


そして、遂には、オウムガイの殻やひまわりの種のうずまき

(フィボナッチらせん)、花びらの枚数など自然の中の数の規則性

を発見しました。

これが、フィボナッチ数列です。


子供の素朴な疑問って

こんな風に育まれるといいなぁ、

と思える物語です。



宝さがしの旅

スティーブン・ビースティー 絵
メレディス・フーバー 文
山田順子


f:id:ladymogi:20170403071951j:plain



イラストレーターの、スティーブン・ビースティーは


『輪切り図鑑』で知られ、世界で200万部を超え、受賞多数。




訳者の山田順子さんは、

スティーブン・キングの『スタンド・バイ・ミー

をはじめ、訳書多数。


前置きが長くなりました。

本の内容は、宇宙の生成から、エジプトのファラオ、ローマ皇帝

カール大帝、時禱書(ジトウショ)、イギリスのエリザベス女王

ヴェルサイユ宮殿、ゴールドラッシュ、現代、等々、

『金』が歴史上どのような変遷をしてきたかが、描かれています。

『金』というテーマゆえ、絵も素晴らしく、豪華です。

内容は、絵本にしては、むずかしく、大人の絵本とも言えます。


絶版で、amazonでのみ購入できます。


【スポンサーリンク】