読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな家の小さな家計

32坪の家で暮らす夫婦と子供4人の生活

【スポンサーリンク】

もらってうれしいプレゼントの考え方

こんにちは。

スペースハイクです。


今回は心に残るプレゼントについて

考えてみました。


クリスマスの後、メルカリでは、

プレゼントに送られたアクセサリーが激安で

売られていたという話を聞いて

ちょっぴり寂しくなった私です。



私のもらったことがある心に残るプレゼント

それは、友人が結婚式の引き出物として配った、

 コイン金貨 です。


f:id:ladymogi:20170218074021j:plain





結婚式の引き出物に たったコイン1枚なんて!

と当時若くて食欲旺盛な私はびっくりしたものでした。

当時の引き出物といえば、一輪挿しの花瓶やお皿、

果物や食べ物など

かさばるものが主流でしたから。


なんでも、友人は、わざわざ遠方から出席してもらうのに

重い引き出物は邪魔になるだけだと思ったそうです。

価値あるプレゼントのその後

それから早や、◯年が経とうとしています。


金貨は忘れ去られていましたが、

数年前に金のネックレストップに作り変えました。


デパート内の宝飾店にて、

分厚いカタログをみながら、持ち込んだコインに

淵飾りを施しました。

この部分は、+1gになりました。



そのネックレスも最近は身につける機会が減っていました。


思い出して当時の金相場を調べてみると、



メイプルリーフ金貨1/10オンス 約3グラムが

当時の相場で3600~3900円



今や買い取り価格15000円です。。



プレゼントは、ネックレスだと当たり前だけど、

金貨だと意外に感じるんですから不思議です。

まとめ


金貨ではなくても、こんな意外な発想で、何かを贈り物として

見つけ出すことができたら、驚きとともに、素敵なプレゼント

になると思います。


プレゼントが転売されないことを祈ります!





【スポンサーリンク】