小さな家の小さな家計

32坪の家で暮らす夫婦と子供4人の生活

【スポンサーリンク】

中古住宅を400万円でリフォームした話②

リフォームする前にやったこと


リフォームをするにあたり、個人の大工さん2名、工務店2社、

市内で大きく広告を出している会社1社に相談しました。


見積書を出して対応してくれたのは、某会社のみです。

家を見ただけで、何も言わず断られたこともあります。

その会社は工事内容や対応は良かったのですが、

金額が800万円以上と高くどうしたものか迷っていました。

全面リフォームになるので、引越しもしなければいけません。

そこで、いろいろ調べてみたところ、

市の建築指導課で実施している、

既存建築物耐震改修工事費等補助金制度

があることを知り、利用してみました。

私達が前述の会社を指定することもできるし、

市に丸投げもできます。

調べてみると、東京都では文京区や田園調布がある大田区

名古屋市でも実施されているので、1度お住いのところで

調べてみてはいかがでしょうか。

(私の調べ方が悪いのかもしれませんが、

この制度を大阪市や博多市では見つける

ことができませんでした。)

この補助金制度は、昭和56年5月31日以前に建てられた建物

が対象となります。

(平成29年現在、築36年以上の建物)

我が家の場合、昭和39年築(築50年)なので適応されました。


リフォーム図面 ビフォー&アフター

リフォーム前 黄色部分がリフォーム部分

f:id:ladymogi:20170131070519j:plain

リフォーム後

f:id:ladymogi:20170131070414j:plain

補助金を利用してみて

【金銭的メリット】

実際の補助金

耐震診断¥157,500 この内助成金は、¥100,000

耐震補強設計費¥315,000 この内補助金は、¥200,000

となり、自己負担は、¥172,500でした。

耐震化工事は、総額¥5,000,000で、その内補助金が¥1,000,000

支給されました。

この補助金は所得に含まれるため、一時的に税金が増えると聞いて

いたのですが、今、この記事を書くために市のHPを見たところ、

住宅の耐震改修に伴う所得税の特別控除

が適用されるので、遡って手続きしてみようと思います。

また、部分改修だったので、引っ越しすることなくすみました。

公的機関を通したことで、信用のある会社、職人さんに携わって

頂きました。

前述の某会社は折り合いがつかず、契約には至らず、

設計事務所や市役所の指定業社と契約しました。

我が家のリフォーム工事は、直近に子供たちが通う小学校の建て替え

に関わった大工さんが1人で施工してくれました。

また、施主支給にも対応してくれ、特にキッチンは納得のいくものに

なりました。

今でも、工事の監督さんは、何かと不都合があるときは相談に乗って

いただいています。

【デメリット】

補助金=税金を支給されているので、家が新しくなったからといって

即、売ることはできません。

補助金が所得として計上されるため、所得税が一時的に上がります。

【耐震化リフォームの内容】

難しいので要点だけ書きます。

耐震化で

評点0.34→0.73

となりました。

参考:木造住宅の耐震診断では評点が

1.5以上は「倒壊しない」
1.5未満は「一応倒壊しない」
0.7以上1.0未満は「倒壊する可能性がある」
0.7未満は「倒壊する可能性が高い」
とされていますが、絶対的ではないので一つの目安と捉えてください

本当は、1.5以上欲しかったのですが、0.73でもいいようです。

リフォーム期間は、2ヶ月間でした。

【反省】

ここまでしかやらない!と強い意思で決めないと、古いところが

目についてあれもこれもやりたくなり、金額が膨れ上がりました。

400万円は、最低限かかった費用になります。

(2階の畳の表替えや子供が穴を開けた襖など替えてしまいました)

まとめ

リフォーム時の、我が家の条件は

・使える金額が限られている

・早く快適に安全に生活したい

でした。

住宅のリフォーム会社に相談に行くと

決まって家を丸ごとリフォームするプランを

提案されてしまい、予算が大幅に膨れます。

こちらは、建築に関してはわからないので、

安くしたくても、どこをどう削っていいかわかりません。

もちろん丸ごとリフォームできたらどんなにいいかわかりませんが、

前回の家の考察でも書いたように、私達は、一時的な仮の住まいという

スタンスなので、必要最底限のリフォームで良かったのです。

その点、公的機関を利用することによって、

構造計算をしてもらい、必要十分の耐震化と予算内のリフォーム

ができ、安心を手に入れることができました。

【スポンサーリンク】