読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな家の小さな家計

32坪の家で暮らす夫婦と子供4人の生活

「伊藤まさこさんの本棚」をみて 人の本棚を覗くのは他人の家を覗くのと同じ

f:id:ladymogi:20170121154107j:plain


先日、仕事帰りに、見てきました。

場所は、金沢21世紀美術館(在住者は、21美(ニジュウイチビ)とよぶ)の

敷地のすぐそばです。

伊藤さんのインスタを拝見していると、よく金沢へ来ていらっしゃるようです。

きっかけ

伊藤さんを最初に知ったのは、インテリア雑誌です。


その後、雑誌「クウネル」の中で、アートディレクターの有山さんの

奥様だと知りました。

有山達也さんは、私の予備校時代の先生です。

まだ、有山さんが芸大のデザイン科の学生だった頃です。

有山さんはとてもかっこよかったのです。

有山さんの名前を「CREA」などのマガジンハウスの雑誌で見かけては

いたのですが、まさか同一人物とは思わずにいました。

2人が離婚されてからは、めっきり、有山さんのことは話題に出ないのですが、

伊藤さんは、今度は、私の大学時代の京都の友人と親交があるようで、時々、

雑誌でお見かけしていました。


そんないろいろなこともあって、以前から伊藤さんに興味がありました。


本棚には、私が持っている友人の本もありました。

見た感想


私は、人の本棚を批評するほどのひとかどの者ではないので、

いいなぁと思ったことを書こうと思います。


アンリ・ファーブルの「きのこ」

あのファーブル昆虫記のファーブルは、きのこ研究もしており、

自分で図鑑の絵を描いています。その図鑑なのか画集だと思われます。


f:id:ladymogi:20170121154032j:plain

池波正太郎の本

私も、読んだ後は、よくビフテキや天ぷらが食べたくなったものです。

なぜかしら?

クッキー型

普通よりかなり大きいです。

工業的でこんなに無機質なのに、

これで焼いたら、さぞかし美味しいだろうなと思わせました。

夕飯前で空腹だったこともありかなり空想妄想してしまいました。


f:id:ladymogi:20170121154156j:plain


・・・・・


他人の本棚を見ることはその人の知性を見るようで

申し訳ない気持ちになる。


難しい本がこれ見よがしに並んでるのも

我が夫を見るにつけ

(嘘だろー、積んであるだけ)の場合もある。


理想的な本棚というのは

なかなかないものです。