小さな家の小さな家計

32坪の家で暮らす夫婦と子供4人の生活

【スポンサーリンク】

ご飯を鍋で炊くことのメリット5つ

家計の節約

節約効果 ¥12000→¥10000(−¥2000)

炊飯器を使っていた時は、ご飯を24時間保温

していたかもしれません。



保温に使われる電気代だと思われます。

炊飯器を止めたら、電気代がこれくらい減りました。

(反対に、ガス代が増えたかもしれません)

数年前、炊飯器が壊れて買い換える時がありました。

ごはんは毎日食べるものなので炊飯器選びは

絶対失敗できないという

プレッシャーがありました。

美味しいご飯を食べるのに、悩んでいたところ、

炊飯器を買う金額で、

グレードの高い鍋が、2〜3個買えることに気づき、
その頃、アウトドアで屋外炊飯することもあったので、

鍋炊きに切り換えました。


ご飯を鍋で炊くメリット

①炊き上がるまでに蒸らしを含めて、20分ぐらいで

食べることができる。

②炊飯器を置く場所がなくなり、スッキリする

③出かけた先でも、キャンプ場でも、お米さえあればどこでも自炊可能。

④我が家の子供たちは、鍋でご飯を炊けます。


今のところその能力を外で発揮する機会はあまりないですが

私の仕事が遅くなりそうな時に、お願いしてます。



考えられるデメリット

①タイマー機能がない

②美味しそうな炊飯器レシピのデザートが作れない


デメリットよりメリットが多いので、炊飯器はやめました。

味に関しては、鍋か炊飯器かというより、お米の種類で

決まると思います。

鍋でご飯を炊く方法

①お米を洗う

②水につけて30分放置

③強火で炊き始め、沸騰してきたら弱火にし8分間炊く。

④蒸らし 5分〜

我が家の鍋(ご飯が美味しいと思える順)


【1位】素材は不明。底が厚い。母から譲り受けた。

f:id:ladymogi:20170114064352j:plain

【2位】ホーロー製。

f:id:ladymogi:20170114064419j:plain

【3位】ステンレス製で、底は3層構造。

f:id:ladymogi:20170114064441j:plain

【別格】アルミ製 2合炊き

f:id:ladymogi:20170114065922j:plain




【スポンサーリンク】