小さな家の小さな家計

32坪の家で暮らす夫婦と子供4人の生活

【スポンサーリンク】

トーマス・ルフ展 in 金沢21世紀美術館

移転しました。

f:id:ladymogi:20170103223703j:plainf:id:ladymogi:20170103222937j:plainf:id:ladymogi:20170103223555j:plain

トーマス・ルフは、1958年、ドイツ生まれの世界が注目する写真家です。
初期から初公開の最新作まで観られる展示で、世界的にも貴重な展覧会となっています。
(会期は、2016.12.10〜2017.3.12)



昨年12/10に行なわれたアーティストトークが即満席になったことからも、
その関心の高い事が伺えます。

写真好きにはたまらないし、作品の裏側にある写真や建築、絵画の歴史観
に思いを巡らすのも楽しかったです。

写真は、初期の4×5サイズからはじまり、210cm×165cmの
『Portrat(ポートレート)シリーズ、正方形サイズの暗視カメラシリーズや
天体シリーズcassiniなど、そのサイズと作品の内容との関連性もあるんだろうな。

Jpegシリーズやネガティヴシリーズは写真と絵画の境界を現代風に見せてくれる
し、マン・レイなどのダダイストに通じる作品もある。

私が特に興味があったのは、物理や数学理論を絵画的に処理したシリーズと
天体写真を画像処理した『cassini』『ma.r.s』で、

去年の夏子供たちと天体観測に通っていて、地元の星の会の方から木星の写真を
いただいたことから、天体写真の大変さを知っていたからです。

f:id:ladymogi:20170103224249j:plain

NASAをはじめ、アーカイブがあることも自分で写真が撮れない(道具が高額な為)
身にはとても嬉しかったことを覚えています。

そんな体験があったので、アーティストはどんな風に作品にするのかなぁ〜
と思って観に行きました。

そして、家に帰ってから気がついたことですが、
展覧会では作品の写真撮影がOKなのです。

f:id:ladymogi:20170103231936j:plain

よ〜く読んでからお願いします。

こんなところにも、トーマス・ルフの理念が
垣間見れますね。



人気ブログランキングへ

【スポンサーリンク】