読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな家の小さな家計

32坪の家で暮らす夫婦と子供4人の生活

【スポンサーリンク】

ディズニーランドの旅 2泊3日 家族4人で10万円 旅行記

【お断り】この記事は、2年前の平成27年の夏休みのことなので、
価格変動や電車の時刻変更がある可能性があります、ご了承ください。

ディズニーランドへ行くことになったキッカケ


子供達が夏休みや春休みなどに決まっていう言葉が、


「○○君がディズニーランドに

行ったんだって(行くんだって)」



ツアー情報を見ていると


日帰りで¥19800とか1泊2日で¥29800


せっかく東京へ行ってもトンボ帰りだなぁとなかなか決心

できなかった私。


マンスリーマンションやキャンプ生活など、安上がりな方法を

探していたけど思う通りのものがありませんでした。



ちょうど、イングリッシュサマーキャンプを調べていた矢先、


K’S house
kshouse.jp


という格安の国際交流も出来るゲストハウスを見つけました。


これで一気にハードルが下がり、ディズニーランドへ行くことに。



移動はJRの青春18切符を使いました。

JR青春18切符 5枚綴り¥11850×2(往復)

(余った2枚は後日金券ショップで売りました)



私自身学生のころ、帰省や、北は青森、南は高知や熊本まで

使いました。

20代でも東京から青森への移動は、相当キツかった思い出があるので、

果たして、40代のオバさんになった現在、東京まで行く体力に自信が

全くなかったのですが・・・。


金沢駅から蔵前駅までトータル11時間かかりました。

電車の中のエピソード


満席の電車内で、時刻表の路線図を眺めながら

「今、走ってるところ線路が輪っかになってるけど

これってどういうこと?」

と子供に向かってつぶやいたら、すぐ隣のおじさんが

速攻間髪入れずに教えてくれました。


(電車マニアの方なのでしょうね)


イメージとしては、トンネルを作らずに、線路が山をグルリと回っている状態。


なんとこのループしている線路全国で4カ所しかないのだそうです。

早速、時刻表の地図をみると



① 上越線 越後湯沢駅から2つ目の駅(越後中里)〜3つ目の駅(土樽)間

② 同じく上越線で、上記を通り越し、谷川岳を横目で見た後の、
 
 土合〜湯檜曾間


③ 北陸本線 敦賀新疋田

④ 肥薩線 人吉〜大畑または矢岳


へぇ〜なるほど、と思ったエピソードでした。


東京2日目 ディズニーランドへ


いよいよメインイベントのディズニーランドへ行きます。

購入したチケットは

大人1人・・・・¥6400(2017/1/2現在¥7400)
こども3人・・・¥4200(2017/1/2現在¥4800)×3 ¥12600

合計 ¥ 19000

ここまでで、10万円予算のうちどれくらい使ったかというと、

電車代 約¥23700
宿泊費 ¥22400
チケット料金  ¥19000
お土産 ¥10000
合計 ¥75100

予算残高 約¥25000


電車代と宿泊代でほぼ普通の1人分。

参考までに通常の大人1人の交通宿泊代は、

金沢〜東京間 新幹線料金 往復¥28240
宿泊費 ホテル代 ¥5〜6000 2泊で、¥12000
合計 ¥40240
(パック料金でもっと安くなる場合があります)



残金の¥25000は、食費と明日の施設入場料などで消えそうです。

水筒持参だったので、セブンイレブンで2ℓのお茶を買い、

各自の水筒へ入れておきます。

食事

昼ごはん 持参のおにぎり(アトラクション優先)
夕ごはん 担々麺
サイドメニューは、ポップコーン、チキン、
アイスなどのスウィーツ各種

ちなみにランドでの食べ物は、節約せず好きなものを食べました。


体験できたアトラクション

ほぼ希望アトラクションは制覇。

最後のスターツアーズが故障の為中断を余儀なくされましたけど

閉園時間まで楽しみました。


東京3日目


反省すべきは、半日をゲストハウスでダラダラ

過ごしたこと。

子供とケンカ。


国立博物館、国立科学館巡り

入場料は、こどもたちは、18歳未満で全て無料!

かかったのは大人の私の料金のみで各館¥600

東大、芸大見学。

昼ごはんは芸大の学食。

4人で¥2000くらい。


今回の旅のまとめ

やりくり

東京滞在中、食事は基本的にゲストハウスで手作りでした。

食事はやはり一番大きなウエイトを占めますね

ごはんを鍋で炊き、味噌汁を作り(脱水症予防の為)、

セブンイレブンのカット野菜と、メインにはコロッケや

練り物のイカ・野菜天を食べました。

残った味噌や水は、まだゲストハウスに滞在予定の人に

譲ってきました。

国際交流

ゲストハウスの外国のお客様の中には、こども連れの方もいて、

一緒に日本のテレビ番組を観たりこども同士遊んでいました。


みなさんマナーがよく、物静かでした。


リビングにいると大人の方でも

子供たちとチェスやトランプをして下さり、

楽しい時間が過ごせました。


寝室は今回男女混合のドミトリーを使いましたが

行動時間がバラバラなので

子供たちも一緒だったので

騒音問題もセキュリティー問題も

ありませんでした。


総支出

雑費の交通費(バス・電車乗り放題パス)や

おやつなどの食費を入れて、トータル

11万円くらいで収まりました。

帰路

帰りの電車は、昼間の乗り継ぎがよくなかったので、

急遽3日目の夜、新宿まで出て夜行電車に乗ることに。

電車の中は、山登りに向かう方が多かったです。



【おことわり】
現在、青春18切符は、金沢〜東京間は、直江津経由では利用できません。
北陸新幹線開業に伴い、北陸エリアのJRが第三セクターへ移管したためです。
(2015.3.15以降)
私が学生の頃は、八王子から中央線をずっと乗り、大糸線糸魚川へ出たので、
乗り継ぎに問題がなければ、中央線というルートがあるかもしれません。
東京へは、北陸本線米原経由でも行く事ができますが、12時間かかります。

【スポンサーリンク】