読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな家の小さな家計

32坪の家で暮らす夫婦と子供4人の生活

こどもの習い事 素囃子について

f:id:ladymogi:20170320104841j:plain


こんにちは、スペースハイクです。




久しぶりに、このブログの趣旨である

家族の話題を書こうと思います。


こどもの習い事として素囃子を

2年間やりました。


金沢素囃子について

金沢の素囃子は、歌舞伎囃子から出たもので、

演奏者は、雛壇で演奏する。劇や舞踏はなく、

小鼓、大鼓、太鼓、笛、

三味線による演奏である。

昭和55年に金沢市無形文化財となる。

はじめたきっかけ


愛読していたクウネルの『ごろりでゆるり』

のMusicコーナーで、いとうせいこう氏が、

文楽の鶴澤清治の三味線が日本のジミヘン

だとかなんとか書いた記事があって、

まず最初は、親の私が

三味線に興味を持ちました。

(実際、その後文楽の公演『心中天の網島』が、

県立音楽堂であって

鶴澤清治の三味線聞けました)


ちょうど、2年に1度、市では素囃子塾の新規受講生を

募集していて、こどもも、その頃、吹奏楽部でフルート

やりたいと言ってたのですが、

フルートは金銭的にも物理的にも無理。

(市の塾は、月に2回の参加、料金は無料なので

大丈夫でした)

フルートの代わりと言ってはなんですが横笛

ではどうかと思い参加しました。

参加してみての感想

結局念願の横笛は選択できませんでした。

三味線を弾く人がいないので、三味線に決定。

(でも文句を言わず続けられました。)

講師陣の先生方が豪華ですごい!

(みなさんすごいのでいちいち経歴は書きません)

先生方は、三茶屋街の芸妓さん方です。

若い先生の中には、東京芸大で学んだ方もいます。

うちの子は女の子ですが、同じ女性として、美しい所作

・立居振舞いを見ること、美しい着物を見ることは、

今はわからなくてもいつか思い出してほしいこと。

今後、国際的な場に縁があったとして、日本文化が

おにぎりや折り紙だけ

じゃないことを身をもって表現できたらいいと思います。

まとめ 集大成の発表会

3月26日(日)13:30〜 発表会があります。


これが初めてではなくて、過去に金沢市の有名な

料亭『金城楼』で中間発表しています。


今回の発表曲目は、

松の緑(まつのみどり)

末広狩(すえひろがり)

元禄花見踊(げんろくはなみおどり)

五郎(ごろう)

ベートーベンピアノ協奏曲第5番 『皇帝』の生演奏が聴けるよ

雑記

こんにちは、

久しぶりの、スペースハイクです。

今週は、長女の高校入試があり、自分まで緊張しまくりでした。

昨日は、卒業式が終わり、やっとホッと一息ついてます。

溜まっていた新聞を見ていたら、

うれしいニュースがあったのでご紹介します。


金沢市では、毎年ゴールデンウィーク中に音楽祭が開かれます。

今まで、モーツァルトショパンシューベルトなどの特集があり、

今年はベートーベンです。

(好みは人それぞれなので、さらっと読んでくださいね。)

その中でも、


2017年
5/3(水・祝)17:15〜18:05
県立音楽堂コンサートホール

ベートーベン
ピアノ協奏曲第5番 『皇帝』

出演 ピアノ バリー・ダグラス
指揮 広上淳一
管弦楽 OEK(オーケストラアンサンブル金沢)


が目にとまりました。

バリー・ダグラス

aspen.jp


生演奏が聴けるのを楽しみにしています。



『皇帝』はベートーベンのピアノ協奏曲の中でも、壮大な名曲です。

40分近い演奏も退屈なところがなく全編聞き応えがあります。

ピアノの名手、ホロヴィッツ内田光子、いろいろな方が弾いていますが

私のオススメは、グレン・グールドです。


youtu.be

第2楽章は、19分24秒あたりから。




グレン・グールドはバッハの『ゴルトベルク変奏曲』で有名ですね。

コンサートを、 1964年以降行わなくなっていくので、

しかもカラーで若々しいグレン・グールドは珍しいと思います。

(感極まって、自分で指揮しだすところは、うまくカットされてますね。

指揮者と演奏方法で揉めることがあったという片鱗が伺えます。)



1970年の映像ですが、テンポが早く現代的で、他の弾き手との大きな違いです。

私は、第2楽章が好きで聴き始めましたが、第2楽章に飽きると

第1や第3楽章に行ったり来たりして聴いてました。


5月のコンサートで『皇帝』を弾く、バリー・ダグラスさんは、

どんな演奏をしてくださるか楽しみです。






















海外SEO情報ブログの鈴木謙一氏のセミナーに行ってきた

GoogleAI

どうも、

久しぶりのスペースハイクです。

鈴木謙一さんのTwitterをフォローしていたら、

3/3に富山に講演にいらっしゃるとのことで、

予約して行ってきました。

タイトルは、

知らなかったでは済まされない! 2つの大変化に対応。
「モバイル・ファースト・インデックス」 と 「常時HTTPSの必須化」



f:id:ladymogi:20170303180344j:plain


f:id:ladymogi:20170303180408j:plain


2ヶ月前にブログの世界に足を踏み入れた身には、何のこっちゃ

未知の世界でしたが、

何とか最後まで聞けました。

昔からブログやってる人には、当たり前で重要なんだろうけど、

やり始めたばかりの私にはあんまり関係ないかも。

すでにスマホ対応のツールで作ってるから。

httpsのお話の方が、私的に重要でした。

Wordpressをこれから立ち上げるので、プラグイン入れます。


セミナーの内容も勿論関心があったのだけど、

私は、ここに来る人がどんな人たちなのか興味津々。

最初に鈴木氏がセミナー参加者がどんな人たちなのか聞いてくれました。

サイトの管理者の立場の方がほとんどでした。

周りでは名刺交換も行われ、富山県人でない、人脈もない、

個人ブログの私は

ちょっと肩身がせまい。

こういうセミナーは東京はもちろん、大阪、名古屋、など

太平洋側開催がほとんどなので貴重なんです!

年齢層もかなり年配の方から、若者まで、老若男女入り乱れていました。

でも男性が多かったかな。

私はアフィリエイトのセミナーも行ったことがなかったし、

いつも家と職場の往復だけで日々を過ごしていたので

記事ネタも尽きかけていて

テンション落ちてたんです。

こういう息抜きも大事だと思いました。

とても新鮮でした、行ってよかった。

着物で卒業式・入学式コーデ

ファッション

こんにちは。

スペースハイクです。



着物は私には馬子にも衣装です。

今は亡き祖母が、こんな私に結婚の時に誂えてくれました。

長女が中学3年生なので卒業式や入学式の事など

色々と物思いにふけっています。




子供4人の卒入学を何回か経験してみて、

小学校の卒業式・入学式は着物が良かった

のでオススメしたいと思います。


地域差や、学校にもよるので、一概には言えませんが、

保育園や幼稚園の先輩ママに、昨年の状況を聞いて

みるのもいいかもしれません。

着物がいいポイント

1. 誰かと服装がかぶるということはまずない

2. 〇〇君の、〇〇ちゃんのお母さんと覚えてもらえる(父兄・先生とも)

3. 明るい印象で目立つ

4. 優越感あり


なんだ結局、目立ちたいのかと、思われるでしょうが、

特に入学式では、まず目立って、皆から覚えて

もらうことが大切です。

第一印象で、人は見た目で判断されますから。


それで子供の今後のお友達が決まってくると考えると

考えておいて損はありません。


私のコーデ(年齢30代での着用)

【着物】

オススメの着物は色無地です。

紋が入れば、格式が高い場所でも着ることができますし、

葬儀用の黒帯があれば、(色にもよりますが)葬儀にも着ることができます。



f:id:ladymogi:20170226174245j:plainf:id:ladymogi:20170226174306j:plainf:id:ladymogi:20170226174324j:plain




次のオススメは訪問着です。

友人の結婚式や、お正月のご挨拶などにも使えます。


f:id:ladymogi:20170226174359j:plainf:id:ladymogi:20170226174417j:plainf:id:ladymogi:20170226174432j:plain






【帯】

帯は、私は、袋帯を使用しましたが、入学式は、格式のある名古屋帯でもOKです。

帯・帯締めを2〜3本持っていれば、印象が変わります。


【バック】


f:id:ladymogi:20170226174715j:plain


【ヘアスタイル】

私は、ショートボブなので着付けをした美容院で軽くセットしてくれました。



【その他の準備】


着物の時のトイレの仕方

着付けの時に下着が腰紐で締められないように注意です。

(はさみ込むと下着が下ろせないので)

裾をめくり上げれば、普通に用が足せます。

心配なら、裾を洗濯バサミや腰紐で留めてもいいです。


歩き方や階段の上り方

必然的に歩幅は小さくなりますが、内股なら更に問題なし。

階段は裾を持って踏まないように気をつけてくださいね。


着崩れた場合

トイレ・歩き方・座り方に気をつけていれば

余程のことがない限り崩れません。


まとめ

こうして書いてみると、着物ってやっぱり大変!と思いますか?

私の住む地域は、土地柄なのか、小学校の卒業式・入学式は

着物の割合が高め(30人いたら5〜6人以上)でした。

中学になると、その割合がガクンと減りました(クラスに1〜2人)。

多分、高校生になると、、、一緒に歩いてもくれないでしょう。

お子様がお1人なら、着る機会は、

小学校が最後と思っていいでしょう。

あくまでも主役はお子様で、着付けの準備も大変ですが

お母さんとしても、いい思い出になりますよ。

銀河鉄道の夜に

自然

こんにちは。

スペースハイクです。


今日はいきなりですが、



青空文庫
宮沢賢治作 『銀河鉄道の夜』の
白鳥停車場の場面からの抜粋です。

さわやかな秋の時計(とけい)の盤面(ばんめん)には、青く灼(や)かれたはがねの二本の針(はり)が、くっきり十一時を指(さ)しました。みんなは、一ぺんにおりて、車室の中はがらんとなってしまいました。
〔二十分停車(ていしゃ)〕と時計(とけい)の下に書いてありました。
「ぼくたちも降(お)りて見ようか」ジョバンニが言(い)いました。
「降(お)りよう」二人(ふたり)は一度(ど)にはねあがってドアを飛(と)び出して改札口(かいさつぐち)へかけて行きました。ところが改札口(かいさつぐち)には、明るい紫(むらさき)がかった電燈(でんとう)が、一つ点(つ)いているばかり、誰(だれ)もいませんでした。そこらじゅうを見ても、駅長(えきちょう)や赤帽(あかぼう)らしい人の、影(かげ)もなかったのです。
 二人(ふたり)は、停車場(ていしゃば)の前の、水晶細工(すいしょうざいく)のように見える銀杏(いちょう)の木に囲(かこ)まれた、小さな広場に出ました。
 そこから幅(はば)の広いみちが、まっすぐに銀河(ぎんが)の青光(あおびかり)の中へ通っていました。
 さきに降(お)りた人たちは、もうどこへ行ったか一人(ひとり)も見えませんでした。二人(ふたり)がその白い道を、肩(かた)をならべて行きますと、二人(ふたり)の影(かげ)は、ちょうど四方に窓(まど)のある室(へや)の中の、二本の柱(はしら)の影(かげ)のように、また二つの車輪(しゃりん)の輻(や)のように幾本(いくほん)も幾本(いくほん)も四方へ出るのでした。そしてまもなく、あの汽車から見えたきれいな河原(かわら)に来ました。
 カムパネルラは、そのきれいな砂(すな)を一つまみ、掌(てのひら)にひろげ、指(ゆび)できしきしさせながら、夢(ゆめ)のように言(い)っているのでした。
「この砂(すな)はみんな水晶(すいしょう)だ。中で小さな火が燃(も)えている」
「そうだ」どこでぼくは、そんなことを習(なら)ったろうと思いながら、ジョバンニもぼんやり答えていました。
 河原(かわら)の礫(こいし)は、みんなすきとおって、たしかに水晶(すいしょう)や黄玉(トパーズ)や、またくしゃくしゃの皺曲(しゅうきょく)をあらわしたのや、また稜(かど)から霧(きり)のような青白い光を出す鋼玉(コランダム)やらでした。ジョバンニは、走ってその渚(なぎさ)に行って、水に手をひたしました。けれどもあやしいその銀河(ぎんが)の水は、水素(すいそ)よりももっとすきとおっていたのです。それでもたしかに流(なが)れていたことは、二人(ふたり)の手首(てくび)の、水にひたったとこが、少し水銀(すいぎん)いろに浮(う)いたように見え、その手首(てくび)にぶっつかってできた波(なみ)は、うつくしい燐光(りんこう)をあげて、ちらちらと燃(も)えるように見えたのでもわかりました。
 川上の方を見ると、すすきのいっぱいにはえている崖(がけ)の下に、白い岩(いわ)が、まるで運動場(うんどうじょう)のように平(たい)らに川に沿(そ)って出ているのでした。そこに小さな五、六人の人かげが、何か掘(ほ)り出すか埋(う)めるかしているらしく、立ったりかがんだり、時々なにかの道具(どうぐ)が、ピカッと光ったりしました。
「行ってみよう」二人(ふたり)は、まるで一度(ど)に叫(さけ)んで、そっちの方へ走りました。その白い岩(いわ)になったところの入口に、〔プリオシン海岸(かいがん)〕という、瀬戸物(せともの)のつるつるした標札(ひょうさつ)が立って、向こうの渚(なぎさ)には、ところどころ、細(ほそ)い鉄(てつ)の欄干(らんかん)も植(う)えられ、木製(もくせい)のきれいなベンチも置(お)いてありました。
「おや、変(へん)なものがあるよ」カムパネルラが、不思議(ふしぎ)そうに立ちどまって、岩(いわ)から黒い細長(ほそなが)いさきのとがったくるみの実(み)のようなものをひろいました。
「くるみの実(み)だよ。そら、たくさんある。流(なが)れて来たんじゃない。岩(いわ)の中にはいってるんだ」
「大きいね、このくるみ、倍(ばい)あるね。こいつはすこしもいたんでない」
「早くあすこへ行って見よう。きっと何か掘(ほ)ってるから」
 二人(ふたり)は、ぎざぎざの黒いくるみの実(み)を持(も)ちながら、またさっきの方へ近よって行きました。左手の渚(なぎさ)には、波(なみ)がやさしい稲妻(いなずま)のように燃(も)えて寄(よ)せ、右手の崖(がけ)には、いちめん銀(ぎん)や貝殻(かいがら)でこさえたようなすすきの穂(ほ)がゆれたのです。
 だんだん近づいて見ると、一人のせいの高い、ひどい近眼鏡(きんがんきょう)をかけ、長靴(ながぐつ)をはいた学者(がくしゃ)らしい人が、手帳(てちょう)に何かせわしそうに書きつけながら、つるはしをふりあげたり、スコップをつかったりしている、三人の助手(じょしゅ)らしい人たちに夢中(むちゅう)でいろいろ指図(さしず)をしていました。
「そこのその突起(とっき)をこわさないように、スコップを使いたまえ、スコップを。おっと、も少し遠くから掘(ほ)って。いけない、いけない、なぜそんな乱暴(hらんぼう)をするんだ」
 見ると、その白い柔(やわ)らかな岩(いわ)の中から、大きな大きな青じろい獣(けもの)の骨(ほね)が、横に倒(たお)れてつぶれたというふうになって、半分以上(はんぶんいじょう)掘(ほ)り出されていました。そして気をつけて見ると、そこらには、蹄(ひづめ)の二つある足跡(あしあと)のついた岩(いわ)が、四角(しかく)に十ばかり、きれいに切り取られて番号(ばんごう)がつけられてありました。
「君たちは参観(さんかん)かね」その大学士(だいがくし)らしい人が、眼鏡(めがね)をきらっとさせて、こっちを見て話しかけました。
「くるみがたくさんあったろう。それはまあ、ざっと百二十万年(まんねん)ぐらい前のくるみだよ。ごく新しい方さ。ここは百二十万年前(まんねんまえ)、第三紀(だいさんき)のあとのころは海岸(かいがん)でね、この下からは貝(かい)がらも出る。いま川の流れているとこに、そっくり塩水(しおみず)が寄(よ)せたり引いたりもしていたのだ。このけものかね、これはボスといってね、おいおい、そこ、つるはしはよしたまえ。ていねいに鑿(のみ)でやってくれたまえ。ボスといってね、いまの牛(うし)の先祖(せんぞ)で、昔(むかし)はたくさんいたのさ」
「標本(ひょうほん)にするんですか」
「いや、証明(しょうめい)するに要(い)るんだ。ぼくらからみると、ここは厚(あつ)い立派(りっぱ)な地層(ちそう)で、百二十万年(まんねん)ぐらい前にできたという証拠(しょうこ)もいろいろあがるけれども、ぼくらとちがったやつからみてもやっぱりこんな地層(ちそう)に見えるかどうか、あるいは風か水や、がらんとした空かに見えやしないかということなのだ。わかったかい。けれども、おいおい、そこもスコップではいけない。そのすぐ下に肋骨(ろっこつ)が埋(う)もれてるはずじゃないか」



子供たちと探石や化石採集をするようになって、

一番の収穫は、宮沢賢治の世界が手に取るように

わかるようになったことです。


金剛石、水晶、黄玉(トパーズ)、黒曜石、


鋼玉(コランダム)、月長石、、、。



銀河鉄道の夜に、ちりばめられている、石の名前。




実際に収集することで、岩盤の様子や周りの景色も想像がつきます。


だいたいクマやイノシシが出るような山奥や、川原だったりするので、

賢治の生きた頃とあまり変わっていないのでしょうね。



数年前、図書館で子供と偉人の伝記を読んでいた時、

宮沢賢治が石っこケンさんと呼ばれるくらい石好きだと知りました。

今まで聞いたこともなかったので、にわかに信じられずにいました。


直後に、国立科学博物館で、宮沢賢治の石の展覧会が開催されることを

知り、(みることはできず) やっと、信じたという経緯があります。


去年の11月には某博物館で、国立科学博物館のミニチュア版のような

展覧会があり、子どもが持っている石とくらべることができたし、

未収集のものをチェックしました。


特に、銀河鉄道の夜には、


“水晶”がよく出てきます。


f:id:ladymogi:20170225042650j:plain


写真は、サンダーエッグといって、真ん中が水晶です。
磨くと綺麗です。



引用した、白鳥停車場の場面は、

化石採集の場面です。



私も川原でくるみの実の化石を拾ったことがあります。

(後日写真掲載予定)



f:id:ladymogi:20170225042924j:plain



銀河鉄道の夜の停車場は、

白鳥座のくちばしの部分だろうか、青白い。

大熊座

双子の妹は、蠍の毒針部分

蠍の赤い火は、アンタレス

サザンクロスと暗黒星雲(コールサック石炭袋)


夏になると、地面に寝そべりながら、見た星々。



石と星。



宮沢賢治の世界を堪能できます。

会話のキャッチボール

GoogleAI

こんにちは。

スペースハイクです。






昨日のNASAの重大発表から、Googleの検索トップページに

は惑星イラストが描かれている。



最近のブログの投稿が(自己満足かもしれないけれど)、

GoogleAIとのキャッチボールのようになっていて、

記事を書いていて楽しかった。



そもそも、私のニックネームは、宇宙+ハイキング、ヒッチハイクの意味で、

ドメインは、98円のspacego(宇宙へ行く).clickだし。


私は人間で、今までと違う話題を書きたくなったので、

この会話のキャッチボールから

少し離れていこうと思う。


(家計の節約ややんちゃな子供のことを書くつもりだったのだけど)